脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

No.230 上州立岩

上州立岩
「上州立岩」 水彩 P15



 上州の下仁田付近は随分とスケッチに来ている。その直ぐ北側には独特の岩峰で知られる妙義山があり、多くの絵描きを惹きつけてやまない。私も初期にここを訪れ、その後季節が変わるたびに数知れずスケッチに通った。後半はスケッチ会の会員を案内して来た。ここから佐久に向かう下仁田街道も何度も描きに来た。取り残された旧道は静かで周囲の独特の山並みが美しい。最奥のトンネルの手前を旧道に入って、そこからから見上げるように聳える荒船山の岸壁も描いたことがある。
 つい最近、私が所属していた新世紀美術協会の委員をしている富永さんが描いた「上州立岩」の魅力的な絵を見せてもらった。描いた場所を聞くとこの絵の場所を教えてくれた。
 私はこの辺りに何十年と通って来ていたが、迂闊にもここは全く知らなかった。荒船山の真南に位置する山奥であった。山の眺望が申し分なく前景に民家が散見されて素晴らしい。
 早速先日の4/19日に主催する木曜スケッチ会で日帰りバスのスケッチ会をここで開催した。16人の会員の世話の合間を縫ってこの絵を描いた。

 大昔の話になるが、会社勤めの頃に信州の御代田に出張でよく出かけた。高速道路がなかったので混雑する国道17号線を使わずに、国道254号線を北上して藤岡〜富岡〜下仁田街道を佐久に向かって、途中から北側の山中の鄙びた街道を走った。そこから和美峠を越えて南軽井沢に抜けるコースが定番になっていた。ある時若い同僚の車で出張に出かけた。ようやく下仁田の狭い市街を抜けて、一直線の広い下りの通りに出た。
その相棒曰く
「こういうところはよくスピード違反の取り締まりがあるから、危ないんだよな」
と言いながらアクセルを踏み込んだ。すると正面の向こうに警察官の姿が目に入った。
「あー、本当にやっているよ!」
慌ててブレーキを踏んだが遅かった。
 スピード違反の切符を切られて、その手続きに時間がかかった。結局市街まで戻って公衆電話を探して、出張先に遅れると謝罪の連絡をする羽目になった。
 下仁田街道の忘れられない出来事だった。もちろん携帯電話なんて何もない時代である。




スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seifu.blog26.fc2.com/tb.php/325-6e2e7c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。