FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.221 僕のおじさん(3)

間口漁港
「間口漁港」 水彩 F6



 どう言う経緯だったのか 女学生だった私の姉二人が、おじさんに連れられて広島の実家に行くことになったと言う。敗戦前なのかその後の話なのか定かではない。その頃千葉から広島までは1日がかりの大旅行で、東京駅から汽車に乗ったと言う。ボックス席に座って暫くして列車が出発した。川崎を過ぎる頃におじさんは席を立った。トイレだろうと思ったけれど、1時間しても戻ってこない。心配になって、下の姉が探しに行った。乗客でほぼ一杯の10両編成だから探すのは大変だった。すると随分離れた車両でやっとおじさんを見つけた。綺麗な女性の隣でなんだか楽しそうに話をしている。おじさんは下の姉を見ると
「ここにいるから安心をせい、そのうちに戻るけえ」
と言う。知り合いなんだと思い自分の席に戻った。おじさんはそれから数時間してようやく戻って来た。姉二人がおじさんを問い詰めると
「長い旅じゃけえ退屈じゃろ。どうせなら綺麗な人と話しながらいこうと思っての。それで一人旅の女の人を探したんじゃ」
とケロリと言う。そんな女性を探して「お一人ですか?」と聞いて回ったらしい。
二人の姉は家に帰ってから
「本当に嫌になっちゃった。恥ずかしい。もうおじさんとは絶対に出かけない!」とカンカンだった。

 おじさんは東京に出てから大変な思いをして悪戦苦闘していたが、やがて風呂屋への委託販売を思いついて苦労してなんとか生活ができるようになっていった。おばさんの保険の外交も力になったのだろう。おじさんが久しぶりに我が家に泊まりがけで来ることになった。その前日の夕方おじさんから電話があった。僕が出た。
「お土産を買うていこうと思うけん、何がいいか姉さんに聞いて見てくれ」
と言う。僕はお茶の間で近所の人と話をしている母にそれを伝えた。母は田舎では手に入らない鯨のベーコンがいいと言った。電話口に戻っておじさんにそれを言うと
「それはわしが嫌いじゃけえ、他のもんはないか?」
と言う。僕はまた母にそれを伝えた。母は渋々とまた何かを別のものを選んだ。するとおじさんはまた
「それもわしが嫌いじゃ」と言う。
また母にそれをいうと
「全く何を言ってるの、いつもこれなんだから。お土産いらないと言いなさい!」
と怒りだした。そばにいた姉ちゃんが
「おじさんは大福が大好きだから、そう言えば」
と言う。
母はもう勝手にしなさいとそっぽを向いていた。また電話口に戻って大福が良いってさ、と言うと
「そうか、それじゃあ美味い大福をぎょうさん買うていくけえ、姉さんにそう伝えてくれ」
とおじさんは上機嫌で電話を切った。


 私がおじさんの仲人で結婚して所沢に住み着いた頃、おじさんの母親が亡くなった。90歳近くだったと思う。家内にそれを言うとあなたのおばあちゃんでしょ!と言う。そう言われてよく考えて見ると、そうに違いなかった。でもその時まで全く気がついていなかった。おじさんの母親は後妻で、父とおじさんは腹違いの兄弟だったのだ。でも戸籍上は私のおばあちゃんに間違いはなかった。
 すぐに父から連絡があった。上京をするからおじさんの家まで案内をしてくれと言う。免許取り立ての危なっかしい運転で父をおじさんの家まで乗せて行った。おばあちゃんの葬儀の話だった。
おじさんはおばあちゃんを自分の車で焼き場に運んで、焼いてもらって自宅に遺骨を置いていた。勿体ないから葬儀はしないと言う。
父はおじさんに言った。
「母親の葬儀をやらないバカがどこにいる!それに広島の親戚にどう言い訳をするんじゃ!みんな呼んでちゃんとやらなにゃいかん!」
「兄さん、母さんはもう死んでしもうたけえ、お金使うて葬式するのは勿体ないけエ、わしはやりとうない」
「そんなわけに行くか!本家の親族に申し訳が立たん」
おじさんが葬儀をやらないと聞いて、父が説得に来たのだった。
「坊さんに葬儀費用と戒名代、ぎょうさん取られる。それに葬儀の費用だってバカにならん」
「そうは言っても、世の中はそうゆうもんじゃ。葬儀をしなけりゃいかん!」
「兄さん、人間は生きている時が一番大事じゃ。わしはずっと母を大事にしたと。死んでしもうてからじゃあ、何もならん」
そんな議論を延々としていた。私は内心おじさんの言うことの方が正しいと思って聞いていた。
最後に父が言った。
「わしが全部取り仕切ってやるけえ〜、葬儀をするぞ!」
「兄さんが費用を出して全部やってくれるんなら、わしはそれで良いけ」
と言うことになった。
 なぜかその葬儀には私は出席をした記憶がない。お骨を広島に運んで、本家の菩提寺で盛大にやったのだと思う。
 







スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する