FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.220 僕のおじさん(2)

初夏の高麗郷
「初夏の高麗郷」 水彩F6




 父は工場へ勤めに出ていた。錆びた中古の自転車に乗って毎日通勤していた。ペダルを漕ぐと錆びたチェーンがガラガラと音を立てる。夕方その音が聞こえてくると、しばらくして父が帰って来た。我が家の飼い猫のペコはその音が聞こえる遥か前に、お茶の間から逃げて姿を隠す。父は猫嫌いで、ペコがお茶の間のコタツで寝ていると蹴飛ばすからだ。
 
 父が帰ってくるとおじさんと二人で毎日頭を寄せ合って話をしていた。一家で東京に出て商売を始める相談だった。父は今復興の建築ブームだから、金物屋がいいんじゃないか、と勧めていた。住む家も探さなければダメだ。家賃の安い家をまず探さなければいけない。商売を始めるには元手がいる。お店を出すお金は望むべくもない。まったく知らない初めての土地で何の商売をしようか?毎日毎日裸電球の下で相談をしていた。
 どういう経緯だったのか、おじさん一家は東京の上石神井の公営の住宅に入ることができた。そこでメリヤスの下着の卸売りを始めた。洋服店に売るのだ。大阪で反物の商売をしていたので、馴染みのない金物ではなくメリヤスの下着にしたのだろう。
 前後に大きな箱のついた荷物用の自転車を買った。それを漕いで上石神井から両国のメリヤス工場に仕入れに行って、その箱に山盛りの下着を積んで、洋品店を一軒一軒訪ねて売り歩いたという。
「いや〜。どの店も卸しが決まっておるけえ、100軒回ってもまったくダメじゃ!」
とこぼしていた。でもおじちゃんはそれで諦めるわけにはいかなかった。大事なおばさんとお母さんと子供二人を養わなければならない。

 我が家は父の工場が忙しくなって、なんとか安定していた。下のねえちゃんは東京の親戚の会社に勤めていた。ある日父はそのねえちゃんに電話をして、上石神井の様子を見てこいと頼んだ。しばらくして、下のねえちゃんが帰って報告をしに来た。
「大変よ!夕飯のおかずは刻んだキャベツをテーブルの大皿に盛って、それにブルドッグソースをかけてみんなで食べていたわ。あとは豆腐の味噌汁だけ!」
 それを聞いて、僕もびっくりしたけれど、父と母はひどく驚いていた。おじさんの商売がまったくうまくいかないらしい。慌てて母と何やら相談をしていたから、きっとお金を送ってあげたのだろう。

 おばさんは生命保険の外交を始めた。我が家に勧誘に来たこともあった。おばさんは美人で優しい人だったから、だいぶ成績も良いらしく少しは楽になっらしい。
 でもそれだけではダメだ。おじさんは必死だった。考えに考えてある妙案をようやく考え出した。銭湯でメリヤスの下着を委託販売をしてもらおうと考えついたのだった。ランニング、パンツ、ステテコ、ブラジャーをケースに入れて風呂屋に委託して売ってもらう。ひと月ごとに精算をする。売り上げの何割かは風呂屋の儲けになる。おじさん一家も毎日銭湯に通っているから、そこで汚れた下着を見て買い換えたくなることもあったのだろう。これはきっと行けるとおじさんは興奮をした。その夜は眠れなかったという。

 色々と準備をして、おじさんは自転車で風呂屋を回り始めた。いく先々で断られてなかなか入れてもらえない。でも諦めるわけにはいかない。練馬区はもとより杉並、阿佐ヶ谷の銭湯をくまなく訪ねて行った。100軒も訪ねてた頃にようやく一軒だけやって見ても良いというところがあった。おじさんは嬉しかった。
 おじさんの予想は当っていた。そこでかなりの売り上げがあった。単価が安いからさほどの金額ではないけれど、コンスタントに売れた。風呂屋も手間がかからずに売り上げになるから喜んでいた。銭湯の主人は新潟県人会の人が多くその伝手をたどって、次々に下着を入れてくれる風呂屋が増えて行った。おじさんはこれは行けると張り切りだした。毎月何軒もの風呂屋を回って清算をしなければならない。さすがに自転車では回りきれなくなって、ダイハツミゼットを購入し、それに乗って東京中の銭湯を回り始めた。
 その成功がきっかけになって、おじさんの商売は安定していった。そしてトヨタのバンに買い換えた。私が大学を出て田無の会社に勤めだした頃に、車でよく会社に訪ねて来た。
「わしは東京中に200軒の店を持っていてな、月に一回精算に回るだけじゃ!」
と自慢をしていた。
「サラリーマンは退屈じゃろ。商売はええぞ〜!」
と言う。そして、いつもパンツやランニングを沢山くれた。だからその頃我が家では下着を買ったことがなかった。








スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する