FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.216 笛吹峠

春の笛吹き峠
「春の笛吹峠」 水彩 P15



 春先の雑木林は微妙な複雑で柔らかい色をしていて、なんとも言えず魅力的だ。毎年この頃に必ず描いている。主に狭山丘陵だけれど、都幾川の武蔵嵐山付近に出かけて描くことが多い。
 この絵を描いたのは武蔵嵐山だった。場所を探して山里を車で走っていた。美しい新緑の雑木林を走っていると休憩所があった。道標には「笛吹峠」とある。峠と言われると峠なのかというほどのなだらかな山道だ。素敵な名前だなと思った。この名前で思い出したのは甲府の笛吹川だったけれど、調べてみると民話で知られた岩手の遠野近くにもに同じ名前の笛吹峠があった。
 そこを南に少し下ると明るいひらけた畑と用水地があった。そこで絵を描くことにした。向こうの芽吹き色の雑木林の中には、山桜が混じっている。
 この峠は古来から名の知られたところだった。上州、信州、越後に向かう鎌倉街道で南北朝時代に笛吹峠の戦いがあったところだという。
 新田義貞の三男新田義宗が南朝の宗良親王とともに武蔵野の小手指ヶ原で北朝の足利尊氏の軍勢と戦ったが、最終的にこの峠で敗れたという。義宗は越後国に落ちていき、尊氏はこれ以後関東を完全に制圧していったと書かれている。
 激戦だったか、道路工事をした際に人骨が大量に出土した。その戦いの折に月明かりに誘われて宗良親王が笛を吹いたことから笛吹峠と命名されたという。

 私の家のすぐ近くの川沿いに、梅の古木がある。「箙の梅」という。そこに所沢市が建てた看板がある。武蔵野合戦の折にこの小手指ヶ原で何度も合戦をした。その時に北朝方の足利の若武者が、箙に入れていた梅の小枝をここに挿して、それがここに根付いたと太平記に書かれているという。今はもうないここの旧地名は所沢市三ヶ島大字梅林だった。その時に戦ったのが南朝方の新田義宗と宗良親王だったのだ。ここから笛吹き峠に退却して、そこで最後の決戦をして敗れたらしい。

 雑木林の芽吹きの絵は毎年何度も描いているけれど、良い絵はほとんど描けない。その色が微妙で精妙で私の手に負えない。でもこの美しさをまた来年も描きに行こうと思う。笛吹峠に行ってみよう。




スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する