FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.210 瀬織津姫

秋の民家
「山村晩夏」水彩 F4


 入間市に元狭山神社という小さい古びた神社がある。近所の自動車修理工場の主人の話すには「そこに駒形姫が祀られています」という。これは初耳だった。
 翌日その神社を探した。古びた小さな神社だった。参道は工事中で砂利引きの工事の最中だった。仕方なく鳥居を迂回して本殿をお参りした。
 扁額に祭神が書かれている。15の神が祀られていた。筆頭は駒形神だった。女神は奇稲田姫、豊玉姫、菊理姫神、伊邪那美尊、木花咲耶姫命の6神で、駒形姫なる神はなかった。
 しかし自宅で調べて見ると、駒形神とは瀬織津姫だというブログを見つけた。瀬織津姫なるものは初耳だった。それを調べると、神道の汚れを清める大祓えの祓戸大神の筆頭の神が瀬織津姫の神だという。これには驚いた。
 しかも日本中の由緒ある大社には必ず祀ってあるという。伊勢神宮、宇佐神宮、出雲大社、那智大社、春日大社、宗像大社、住吉大社、厳島神社、愛宕神社などの錚々たる大社である。
 不思議なことはそんな重要な神が全く知られていないことだった。しかも奇稲田姫と菊理姫も瀬織津姫と同一だという説もある。観音様もそうらしい。

 大和朝廷が成立する前の古代の日本には王国があり、古来からの縄文人の神々が敬われていた。その最高神が瀬織津姫であったらしい。そして征服王朝の大和政権はその瀬織津姫を隠蔽してしまったという。しかし多くの人たちは名前を隠して密かに1500年もの間尊崇し続けているというのだ。
 もう一つ面白い説は、七夕伝説の織姫も瀬織津姫だという。大和政権に引き裂かれて、年に一度密かにデートするのだという。

 修理工場の主人の噂を耳にしてここまでたどり着くのに随分と時間がかかった。
この元狭山神社は近郷にある三つの村の神社が70年前に合祀され、元狭山神社となったという。それで境内の整備をしていると、そこにいた宮司と思しき人が話してくれた。

 帰ろうとして、鳥居脇の大きな見上げるばかりの石碑に目が止まった。深々と文字が刻まれている。何と書いてあったか記憶に残っていない。しかし左下に「松方正義書」とあった。う〜!と目を疑った。明治の元勲の一人で日本銀行の創立者、内閣総理大臣のあの松方正義だろうか?この片田舎の小さな神社にどういう経緯で揮毫をしたのだろうか?調べてみたけれど、何もわからない。本人かどうかも謎である。

 最近縄文時代の見直しがあって、脚光を浴びている。世界最古の文明かもしれないというのだ。そして縄文の信仰を集めたという瀬織津姫にもスポットライトが当たってきているらしい。









スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する