FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.204  アオバズク悲話

柚子のなる丘
「柚子のなる丘」水彩 F6



 毎年5月になると南方からアオバズクが飛んできて、近くのケヤキの洞に巣を作って子育てを始める。暖かい月夜の晩によく「ホー、ホー」と鳴く。近くの電線に止まっているを何度も見たこともある。鳩ほどの大きさで、薄明るい夜の空に黒いシルエットになっている。その愛嬌のある顔は写真で知った。ここへ越してきてから40年間毎年変わらない年中行事だった。
 他ではなかなか聞くことが出来ないと知ったのは、だいぶんたってからだった。何人もの人がそれを聞きにきた。
 例年遅くても6月末には鳴き出すのに、今年は待てど暮らせど鳴かなかった。気になって夜になると何時も耳をすましていた。どうしたのだろう?何千キロの長い旅路の途中でで何かあったのか?
 7月末の暑い日に、ようやく「ホ、ホー」と鳴く声が聞こえた。戻ってきたと嬉しくなった。しかし、それ一度きりでそのあとはいくら耳を澄ましても鳴かない。
 思い返せばここ数年聞く機会が少なくなった。今年は郭公もほとんど鳴かないという話も伝わってきた。そして8月に入って記録的な長雨続きで、ようやく二十日ぶりに日差しが戻ってきた。でもそのせいとは思えなかった。何かアオバズクの身に変化が起きているのかもしれない。

 今朝の東京新聞の朝刊を開くと「少なくなった野鳥」という見出しの記事が目に止まった。千葉の成田にある印旗沼は水田と葦原に囲まれた大きな沼で、貴重な野鳥を含めて50種以上の鳥が生息しているという。ところが隣接する場所に大規模な太陽光発電所が建設された。その影響で生息する野鳥が10種類ほどに激減しているという記事だった。
 私の家の近くにもゴミ処理場を埋め立てた後地に、最近大規模な太陽光発電所が作られた。その影響が出ているのだろう。なんだか腑に落ちる話だった。野生生物は環境の変化に敏感だ。

 最近方々の空き地にソーラーパネルが並べられているのがすごく気になる。田舎に行くと車窓からたくさん見かけるようになった。自然エネルギーというけれど、おかしな事ばかりが気になっている。以下にそれを要約する。

(1)発電コストが高く採算が合わない。その分を一般の電気料金に上乗せしている。
(2)発電が不安定で、必要な時に発電されなかったり、不要な時にたくさん発電して無駄が多い。
(3)設置周辺の環境が悪化する。
  ・あまり人家に近いとパネルの反射で近所の住宅が熱くなる。
  ・畑や緑地、湖の上に大規模設備を作ると、周囲の気温が上昇する。
  ・パネルの下の生態系が破壊されて、動植物が住めなくなる。
  ・発電した直流を交流に変換するインバーターが強い電磁波を発生する。
(4)ソーラーパネル製造に使われる電気量は、それで発電する電気量の3倍になるという。つまりその分石油や原子力による発電で補っていることになる。
(5)巨大な利権構造になっていないか?
  ・採算も合ないし、その上再生可能な自然エネルギーでもないのに、今日本中に急速に普及しだしているのはなぜか?
  ・ソーラーセル製造メーカーが儲かり、そのメガソーラー設置会社も多くの利益を上げている。
  ・その利益はすべて一般の電気料金で負担をしている。
  ・耐用年数が過ぎるとそれを廃棄する費用がかかるが、それがカウントされていない。多分すべて税金で賄うつもりだろう。


 以上おかしいことばかりだけれど、これは原子力発電の問題と瓜二つだと思う。原子力発電の当初は夢のような技術として登場した。鉄腕アトムがその象徴だった。そして知識人がそれを強力に支持したのだ。その点でも今のソーラー発電はとてもよく似ている。
 そして皮肉なのは反原発を主張する多くの人たちがこの太陽光発電を推進している。原子力発電も太陽光発電も夢のエネルギーという美名に隠れて、金儲けのためにやっているのだ。私たちは何度騙されれば気がすむのだろう。
 
 空き地があれば森や畑にして、川を綺麗にし海を豊かにする。それが一番なのだ。そうすれば、アオバズクも郭公も多くの野鳥や昆虫や魚がたくさん繁殖して、長い目で見れば人も持続的な生存ができるようになる。そうすることが太陽光の最も有効な利用法なのだ。
 狭山丘陵のゲンジボタルが絶えて久しい。アオバズクもそうなるのだろうか?








スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する