FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.199 成木川

川沿いの部落
                 「川沿いの部落」水彩F6



 多摩川を羽田空港から遡ると川崎の工業地帯を通って、大田区や世田谷区、羽村の住宅街を抜け青梅市の付近から緑なす奥多摩の山間部に入って行く。青梅市は奥多摩の玄関口だ。
 奥多摩は険しい緑なす山襞が幾重にも重なり、そこに多摩川が深い渓谷を刻んでいる。最奥部は小河内ダムとその奥の標高2.000mの雲取山に至る。ここが大都会東京都の一部というのが嘘のようだ。ここは観光地になっていて、多くの人が自然を求めて訪れる。
 この青梅を過ぎて軍畑までに来ると北側に高水三山が聳えている。高水山、惣岳山、岩茸石山といい、初心者のハイキングコースになっている。その高水山を北側に越えて下ると、成木川という小さな流れがある。最奥部の水源は埼玉県の県境にある黒山の麓にある。そこから流れ出た成木川は奥深い山間部を静かに流れ下って行く。川沿いの道路は新道になっているけれど、所々に旧道が残っている。そこはまるでタイムスリップしたような懐かしい世界がある。急傾斜の川沿いにへばりつくようにいくつかの部落がある。もうすでに取り壊されてしまったが、大正時代のものかと思わせる木造の小学校の校舎もあった。火の見櫓も残っている。ここが東京都だというのが嘘のような気がする。住所は正真正銘、東京都青梅市成木である。

 狭山丘陵の谷戸に源氏ホタルが飛んでいて、毎年夏の夕食を済ましてから何度も見に行った。しかし十年ほど前にもうほとんど絶えてしまって、それ以来久しく源氏ホタルを見ていない。最近になって成木川に飛んでいるという話を聞いた。
 7月10日ごろ、夕飯を食べ終わって急にホタル見物を思い立った。風のない暖かい夕暮れで、何より満月だった。
車を走らせて、成木川を数箇所巡ったけれど結局ホタルには巡り会えなかった。

ここへは四十年も前から時々絵を描きに来る。私の家からは車で小一時間で行ける。





スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する