FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.190 木曜スケッチ会参加者募集

ポスター



 絵を始めると野外スケッチをしたくなる。美しい自然の中で絵筆を取るのは楽しい。しかし近くの街や公園を描くのならばさほどではないが、遠隔地の海や山、渓流を描くのは存外大変である。重い絵の道具を背負って電車やバスを乗り継いで、現地に行っても良いアングルを探すのに手間取る。特に女性は山奥では怖いし、トイレも心配だ。
 そんな声を聞いて、木曜スケッチ会を13年前に立ち上げた。風景画を40年も描いているので、幸いに近郊のスケッチポイントは隅々迄知っている。そのポイント近くに貸し切りバスでいく。現地の案内をして、それぞれが思い思いの場所で描く。希望する人はアドバイスをし、最後に簡単な講評会をする。未完成でも絵を見せ合うのが良い勉強になる。

 この13年間に近郊の風光明媚な場所を随分と描きに行った。
夏は標高の高い涼しい高原。秋になると次第に下界に降りて、紅葉の山々を描く。冬は内房の大貫漁港、安房勝山、逗子や真鶴漁港、熱海などの暖かい海辺だ。春は秩父や上州の芽吹く木々や美しい新緑を描く。
日帰りだからあまり遠くには行けない。信州の安曇野や伊那谷、新潟の八海山あたりが限度だ。海は安房勝山辺り迄だろう。この12年間で140カ所も描いて回った。
 この木曜スケッチ会の第一回目は紅葉の妙義山で、参加者は7人だった。その後会員が増えて最盛期の会員は35人で、多いときは25人近くの参加者が有った。
 しかし最近だいぶ参加者も少なくなった。バスを仕立てるのは人数がいる。

 13年の歴史の火を消さないようにミニコミ紙「熟年ばんざい」に広告を出して参加者を募ります。
行きたい場所だけを選べます。どなたでも気軽に参加ください。画材は自由です。初心者で希望者すれば指導もします。


<木曜スケッチ会問い合わせ、連絡先>
    所沢市三ヶ島1-119-5 脇 昌彦
          電話 04-2948-7387 携帯 090-4399-7332




スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する