FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.187 夏の記憶

妙義山晩夏「妙義山晩夏」F6 水彩



 井上陽水の名作「少年時代」は多くの人を魅了した。ここでは生命観溢れた夏が、はかない魅惑的な青春時代の想いとして歌われている。海水浴、水瓜、蜻蛉、ミンミンゼミ、カナカナ、ひまわり、夏祭り、花火、夜店、縁台将棋は昔の日本人の夏そのものなのだ。
 青春時代はいわば人生の夏なのだろう。60年の歳月を経て故郷は変貌したが、そこで過ごした煌めくような夏の記憶は今も鮮烈に生きている。私も小説「座礁船」にはそれを描きたかったのだ。

 黒澤明監督「天国と地獄」の中の忘れられない場面が有る。湘南の海を見下ろす丘の上に和風の小さな平屋が建っている。ミイミイゼミが泣き叫んで強い真夏の日差しの中で、ゆるやかな潮風に吹かれている。ガラス戸が開け放され、部屋に釣られた蚊帳が風に揺れている。
 そこを訪れた刑事はその蚊帳のなかに麻薬密売人の腐乱死体を見つける。
この場面は夏になると必ず記憶に蘇る。

 阿久悠原作、篠田監督作品「瀬戸内少年野球団」も海と夏が主役だ。そこで描かれたのは敗戦直後の混乱した日本社会と解放された底抜けに明るい雰囲気とそこに生きる逞しい人々だった。そこから出発して、日本は高度成長を遂げていったのだ。
 その映画の主人公の少年達は今80代である。彼らの少年時代は正に鮮烈な記憶になっているだろう。阿久悠も篠田正浩もそれを描きたかったに違いない。

 私の義理の兄も樺太からの引揚者だった。これまでほとんど話さなかったが、最近になって当時のことを少しづつ話し出した。

 広島長崎も8月15日の敗戦の詔勅も、ミンミンゼミの泣き叫ぶ炎天下だった。その年に私は広島で生まれた。





スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する