FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.184 好奇心

おくひだ「奥飛騨、錫杖岳」F6 水彩



「〜の謎」「〜秘密」と言う題名の本は良く売れるらしい。世界の秘境、七不思議なども同じだ。探検記も好奇心をそそる。私も好きなのでついつい買ってしまう。
 40年以上前になるだろうか、川口慧海著「チベット旅行記」を隣の人から借りて読んだのは。筑摩書房ノンフィクション全集の一冊だった。
 明治時代のチベットは厳重に鎖国されて、外国人の入国は出来なかった。謎の国だった。しかし熱心な仏教研究家で僧侶だった慧海は仏教の原典を求めて単身命がけで密入国し、僧になりすまし首都ラサのポタラ宮殿に2年以上潜伏した。やがて正体が発覚しそうになり大量の仏典を持って、標高7.000mもある険しいヒマラヤの峠を超えて逃げ帰った。これが実に面白くて虜になった。謎の秘境チベットが私の好奇心をいたく刺激したのだ。
 西川一三著「秘境西域八年の潜航」もまた面白かった。日本軍の諜報員で中国奥地で敗戦になりチベット、インドに単身潜航して苦難の末に帰国する冒険談。「鳥葬の国・秘境チベット」川喜田二郎著も読んだがこれは記録映画にもなった。隠亡が死体を石で砕いてまき散らすと、空で待っていた禿鷹が舞い降りて瞬く間に奇麗に食べてしまう。その映像は今も記憶している。その後スウエン・ヘディンやオーレル・スタインの西域やチベット探検記などを立て続けに読んだ。

 始めは河口慧海の影響でチベットやタクラマカン砂漠などの西域が多かったが、その後読む本は次第に中国奥地、アマゾン、アフリカと広がっている。最近はだんだん情報化が進み謎や秘境が失われて、探検記は難しくなっている。
 そんな中で特に面白かった探検記はレドモンド・オハンロン著「コンゴ・ジャーニー」だった。イギリス人の探検家がコンゴの密林で悪戦苦闘して、ついに生死の極限でアフリカ人ガイドと喧嘩をする。アフリカを植民地にして搾取し今も主人面をしている白人の著者を、黒人ガイドが口汚くののしる場面は、圧巻である。

 私の読む探検記は皆著者自身が命を掛けて実体験をし、それを綴ったものばかりである。猛烈で強固な意志とそれを支える肉体の生々しさと厳しさ、そして極限状態に追いつめられた人の精神や行動が実に面白い。
 そして、なによりも探検記は好奇心を満たしてくれる。食欲、性欲、権力欲、名誉欲と人はいろいろな欲望を持っているが、その中でも好奇心は存外大きな欲望なのではないか。
 科学や学問の高邁な目的をいうけれど、所詮は好奇心なのだろう。ついついつられて、面白がっているだけなのだ。その子供のような純粋さが大事。面白いと思うと人は凄いエネルギーを出す。為にしてはいけない。

 最近はもうかれこれ6年間も日本の歴史の裏を探っている。謎だらけで面白くて止められない。好奇心こそが科学や文明の原動力なのかもしれない。






スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する