FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.162 列車強盗!

「奥多摩・氷川」P15 水彩「奥多摩・氷川」P15 水彩


 15年程前に会社に勤務していた頃、ある製品の開発をしていた。子会社の中国人のW君が私のアシスタントであった。優秀で日本語も堪能、よく働いてくれて本当に助けになった。
 開発が終わって量産導入されたが、しばらくして中国の河門市の工場に生産ラインを移転するので出張することになった。W君と一緒なら心強いので同行することにした。そこには前に一度行ったが、香港で一泊してビザを取って、そこから高速フェリーで西江を2時間程遡行した。ところがW君曰く、中国人は北京経由でないと駄目という。早朝の一番機に乗るので、前日夜に羽田に泊まってくださいという。それほど時間はかからないようなので、当日の10時頃の便で行こうと言ったが、彼はどうしても日没前に現地に到着しなければ駄目だという。
 羽田から北京に行き、そこから国内便に乗り換え、最後は長距離バスに乗るという。彼曰く
「夜になると列車強盗やバス強盗に襲われる危険があるので、どうしても日の落ちる前に着きたいんです」
冗談だろ!と笑うと真剣な顔で
「ほんとに危ないんです」
という。
 それでも私は信じなかったが、彼の言うとおりの時間とコースで行くことにした。なにか他にそうしたい理由があるのかと思ったが、詮索はしなかった。
 この中国行きは、直前に仕事に重大な問題が起きて、私は急遽行くのを中止した。結局W君一人で行ってもらった。
 その後「列車強盗」の話は、長い間私のおもしろ話にしていた。いわば「ほら吹き男爵」のつもりだった。
しかし最近読んだ本でそれが冗談ではないことを知った。
 日本人が知らない「中国人の本性」黄文雄著 の中の一部を以下に転載する。

 走行中の車を襲う強盗が跋扈しはじめたのは、90年代に入ってからである。1990年の旧正月から翌年の旧正月迄に、中国の鉄道や道路で発生した襲撃、強奪事件は5万2千件であった。この時は、3.700人のの強盗犯が即座に処刑されたが、その後も事件の数は横ばいのままだ。長距離バスや列車を襲うのはたんなるコソドロではない。組織化された窃盗グループで、そのやり方はだんだんと派手になっている。盗むものも、金品などの小物ではなく大量の物資を強奪するケースが増えた。
 強盗は数人一組になって刀や拳銃でバスや列車の乗客を脅し、金目のものをすべて奪っていく。こういった事件は中国では頻繁に起こるため、そのたびに乗客は何の抵抗もせず命だけは守ろうとするのである。


 これは驚きであった。私たち日本人にはにわかに信じられないのも無理はない。W君は真剣だったのだ。そして話の出所は忘れたが、バスや列車に乗る時は指輪や腕時計は外すという。急いでいる強盗に手や指を切られてしまうらしい。
 この本にはその他の中国人の嘘や詐欺、賄賂等の無法社会が列挙されている。それらはおおよそ私たち日本人の想像を超えている。むろんすべての中国人がそうではないのだけれど、その悪事の確率の高さを見ると桁違いだ。
 そういえば心当たりもある。香港と中国に仕事や観光で5回程行ったが、騙され脅されて金を取られたのが3回あった。小額だったけれど。これはかなりの確率だと思う。
 文化大革命では2.000万人の中国人が犠牲になったと言われている。ベストセラーになった『ワイルド・スワン」にその様子が詳しい。私の知人にその文化大革命で、辛酸をなめてきた人がいた。その人の話も中国社会の苛烈さを証明していた。
 日本の歴史もさることながら、他国のことももっと学ばなくては駄目だと思う。日本の常識は全く通用しないようだ。




スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する