FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.146 感謝祭

 敗戦後の内房の大貫には、木更津米軍基地の軍人が多く住んでいた。私の家の近くの大きな屋敷にも二人の子供のいる夫妻が住んでいた。その同年代の白人兄弟と何度か遊んだ記憶がある。彼らはボクシングのグローブを持っていた。試合をしようということになって、私がグローブを借りて試合をした。そして何度も顔を殴られてあっと言う間に見事にノックアウトされた。殴られるといい気持になるというのをそれで知った。
 秋のある日、招かれてその屋敷に行った。庭の中の草叢や花壇、木の根もとに隠されているゆで卵を探した。そこには奇麗な絵が描かれていた。美味しかった。後からその日は「サンクス・ギブンズ・デイ」というアメリカ人の祝日であると知った。当時ゆで卵は贅沢品で、遠足と運動会の時しか食べさせてもらえなかった。アメリカ人がその日に七面鳥を食べるのを、メイドをしていた近所のおばさんが教えてくれた。感謝祭は豊かなアメリカ人の素敵な祝日であった。
 数日前に、高山正之、日下公人著「アメリカどれほどひどい国か」の中の「メイフラワー号でやってきた清教徒は何をしたか」の章に「感謝祭」のいわれが書かれていた。それを読んで驚いた。
アメリカ先住民(インディアン)が騙され虐殺され、アメリカ全土から駆逐された悲惨な歴史は知っていたが、まさか「感謝祭」がそれを象徴するお祭りであるとは気がつかなかった。
 「上陸した清教徒は良く知られる様に、ワンパノアグ族の酋長マサソイトが恵んだ食料で冬を越しました。これが感謝祭のいわれですが、一見心温まる話には恐ろしい続きがあります。七面鳥で元気になった清教徒らは、酋長が死ぬのを待って、彼らの領土を奪い始める。抵抗した息子は殺され、その首は20年間プリマス港に晒されました。彼の妻子と一族もまとめてカリブの奴隷商人に叩き売られた。」
 これを切っ掛けにインターネットで「感謝祭の真実」で検索をするとTUP・平和をめざす翻訳者たち というブログがあり、その中に詳しい話が書かれていた。ブライアン・ウイルソンというアメリカ人で元ベトナム戦争帰還兵の書いたものであった。
 TPU・平和をめざす翻訳者たち

その大部分を以下に転載した。

 1620年11月、メイフラワー号に乗った清教徒(ピューリタン)たちが、イギリスからアメリカ大陸(マサチューセッツ州プリムス)に渡ってきた。そこで彼らを待ち受けていたのは厳しい冬だった。
そんな彼らに食料を分け与え、カボチャやサツマイモの育て方を教えたのは、アメリカの先住民たちだった。自然と調和しながら生きてきた先住民は、当初自分たちの土地へ突然やってきた人々に敵意を持っただろうが、新しい土地で食べるものにも事欠いていた白人たちの困窮をさすがに見かねて、手を差し伸べたのだ。
 イギリス人たちは、先住民から農作物の種を分け与えてもらい、作り方を教わった。そして、初めて採れた作物を料理して、友人たちとともに神の恵みに感謝した。これが、感謝祭の始まりである。
 最初の感謝祭には、先住民たちも招待された。想像の域を出ないが、この時は先住民とイギリス人は互いに打ち解け、心を許して語り合ったのだろうか。それとも、イギリス人は後に行なうことになる悪行を頭に描きつつ、表面だけ取り繕っていたのだろうか。いずれにせよ、この後、先住民は白人に殺戮され、自分たちの土地を奪われることになる。人のよい先住民は、共に過ごした感謝祭の夜、そしてその後の自分たちの運命を想像することすらできなかっただろう。
 私がアメリカで受けた学校教育では、アメリカ先住民の文化について、ほとんど教えられなかった。彼らの歴史や文化、彼らに対して白人がしてきたことを知ったのは、実はごく最近のことである。新しくやってきた白人たちに、殺戮され、土地を奪われ、居留地に閉じ込められた先住民たちは、アメリカ政府の「同化政策」に服従することを強制された。同化政策とは、彼らから文化を奪うことであり、子供たちは家族から引き離され、国が作った寄宿学校で、西洋の文化やキリスト数的価値観を押し付けられた。もちろん、英語以外の民族固有の言葉は、その使用が禁じられた。
アメリカがイギリスから独立した1776年、独立宣言は「すべての人間は平等につくられている」と謳ったが、その中に先住民は含まれていなかった。
 学校教育に加えて、ユダヤ系の人々が集まり作り上げたハリウッド映画が「正義の白人と野蛮なインディアン」という図式を喧伝した。西部劇のほとんどは、勧善懲悪のストーリーで、善は白人、悪はインディアンだった。
今だから話せるが、私自身、子供のころはインディアンが怖かった。西部劇に出てくるインディアンは、実に恐ろしい。きつく険しい形相のインディアンが善良な白人たちに襲いかかり、金品を略奪する。
 対する白人は柔和な表情をしていて、穏やかで明るく優しい。絵に描いたような善人だ。荒くれ者の白人が登場する西部劇も少なくはない。白人同士の決闘もあるが、インディアンは常に悪者だ。
その悪者インディアンは結局、白人の保安官か騎兵隊に撃ち殺されたり、捕らえられたりして、一件落着…ほとんどが、こういうシナリオで終わる。幼い私も、この結末にいつもホッと胸をなで下ろした。
 子供のころに受けた教育や映画、テレビの影響は絶大で、私は割に最近まで「インディアン=悪」の図式が、なかなか抜けなかった。こうした西部劇はまさしく劇であり、真っ赤な嘘であることは今や常識である。

 さすがに最近は、このような「白人=善」「インディアン=悪」の映画やドラマが、ほとんど作られなくなったが、イラク侵攻を正当化させるアメリカ政府の論弁を聞くと、かの国の「洗脳工作」は今も健在であることがよくわかる。アメリカ政府のプロパガンダはなかなか優れているから、実は今でも多くのアメリカ人は、今のアメリカの発展が先住民族の「屍の上」にあることを知らない。のみならず、野蛮な文化を終わらせたことを文明の勝利と信じて疑わない輩すら、今も多数存在する。
 先住民族が合衆国市民として認められたのは、1924年。最初の感謝祭から、実に300年以上経ってからだった。その間、奪われた土地や言葉や文化は戻ることもなく、先住民はさまざまな民族の中で、今も最下位の層に位置している。
 歴史書のほとんどは、勝者の都合で書かれる。アメリカ先住民の土地を略奪し、無実の彼らをことごとく殺し尽くしても、白人にとってそれは未開を文明化する正当な行為であり、進歩であり、正義だった。

 アメリカ人は「感謝祭」で神に感謝するのか? 真に感謝すべきは先住民にたいしてではないのか?ここにも白人キリスト教徒の異教徒や他民族への差別と蔑視が見て取れる。




スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する