FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.140  麗しき日々

秋の八方尾根「八方尾根」P15


 この3月で、東北大震災から満2年になる。いまだに昨日の出来事のようだ。あれ以来全てが根底から崩れて、一変したような気がする。隠蔽されていた日本社会の矛盾や嘘、腐敗が、隠しようもなく白日の下に露呈した。知っているつもりであったが、それは想像をはるかに超えていた。
 明治維新以降の私達の国は、諸外国の密かな支配で操られていたのだ。そしてこの大震災とそれによる原発事故の危機のさなかに、国論は分裂し政治は乱れ混乱している。周辺国との緊張がなぜか故意に煽られて、軍事費がいっそう増強され始めた。
 東北太平洋岸の津波の被災地の復興はなおざりになっている。福島ではチェルノブイリの強制退去地に相当する汚染地域の150万人は、いまだに放置されたままだ。こういう時に助け合う為に私達は税金を払っているのではないのか?。
 この2年間のわたしの生活も、それまでとは一変した。豊かで穏やかなかけがえのない故郷日本は、急速に崩れ始めている。この先大丈夫なのか? 子供や孫達の将来が心配でならない。何か私達に出来ることはないのか?
麗しき日々はふたたび戻ってくるのか?


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する