FC2ブログ

脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

No.166 自然であること

雲取山鷹巣山と雲取山(小手指が原より)


 DVDを借りに行って、ふと目に止まった「誰も知らない」という映画を見た。2004年カンヌ映画祭で受賞した是枝裕和監督の作品である。母親に置き去りにされた5人の兄弟の悲惨な生活を主題にした作品であった。町の風景も生活の細部も身近な埃臭い現実を取り込んで、子供達や母親、周囲の人々も実に自然に描かれていた。 兄弟の日常化した不幸は、淡々と進行して幼い弟の死とその死体の埋葬の結末を迎える。生活の細部がドキュメンタリーのようにリアルで、それが現在進行形の現実であるかのように思えて、私はいたたまれなくなり最初の10分程で見るのを止めてしまった。しばらくして気を取り直してまた見直した。
 主演男優賞の柳原裕也君はむろんだけれど、下の4人の幼い兄弟達の演技の自然さに驚きを禁じ得なかった。これは是枝監督の非凡さの証であると思う。久しぶりに見た良い映画だった。何十万人の観客の目にさらされると知りつつ、カメラの前で自然に演技するのは極めて難しい。ましてやこの作品の主人公は子供達である。
 演技をしていると判ると観客は白けてしまう。スナップ写真でも人は意識してしまう。小津安二郎監督は感情表現、演技を極力抑制した作風で、私はそれが好きで多くの作品を見た。台湾の小津といわれる候孝賢監督の「珈琲時光」という作品も気に入って、DVDを買った。
 しかし、この「誰も知らない」を見て改めて小津作品に気づいたことがある。感情表現や演技を抑制していると見ている人が判ってしまうことだ。
「七人の侍」は小津作品の対極にあるとも言える。しかしあの舞台とストーリーには、あれがリアルで自然な演技、演出なのだろう。やはり世界一の名画だと思う。
 ドキュメンタリーはもっと難しい。なにしろ「作り物ではないという作り物」なのだから。「スタッフを10人連れて、一人旅」という川柳があった。言い得て妙である。「すみません。もっと自然にくつろいでそこを歩いて下さい!」などと注文を受けて演技するのだ。現実とヤラセの境は曖昧模糊として、いつの間にか演技を強いられてしまう。時折テレビのヤラセが問題になる。いっそドラマにしてしまった方がすっきりする。

 絵を描くのも同じだ。無理して技術や技をひけらかすのは論外である。作者の個性を強調するのも下品だと思う。ただ自然に描く。誰が描いたかはどうでも良いことだ。見る人がその絵に見惚れてしまう、というだけで良いのだと思う。それは至難の業であるけれど。



スポンサーサイト
このページのトップへ

No.165 私の谷川岳

甲斐駒冠雪「甲斐駒冠雪」F6  水彩



 日航機墜落事故の経緯を調べていると、その事故を扱った「クライマーズ・ハイ」という映画の紹介があった。さっそく近くのTUTAYAでDVDを借りて全編を見たが、良い映画であった。地元群馬の地方新聞社の過酷な取材に振り回される記者を主人公にした、緊張感溢れる映画であった。あの日航機の惨事は無論のこと、戦場のような取材現場とその中で戦う男達の凄まじい葛藤が生き生きと描かれていた。主人公が社の同僚と待ち合わせて、一の倉沢の登山に行くその日に日航機事故があり、同僚との約束のを心ならずすっぽかす。その同僚はその晩に過酷な仕事の疲れから蜘蛛膜下出血で倒れてしまう。10数年後にその亡くなった同僚の息子と一の倉沢衝立岩に登る。そのロッククライミングシーンと、過酷な日航機事故の取材の追想を織り交ぜてその映画は進行する。
 私は一の倉沢のクライミングシーンに異様な感動を覚え胸が震えた。私にとっても多くの思い出のある岸壁だったからだ。
 昭和35年に衝立岩でクライマーが遭難し宙吊りになった。新聞は連日このニュースで埋まっていた。救助隊が救出に向かったが数百メートルの絶壁に手も足もでないまま、遭難者の死亡が確認された。自衛隊の部隊が出動してザイルを銃撃して遺体は漸く収容された。私はその時にこの魔の山谷川岳の存在を初めて知った。
 最初にそこへ行ったのは大学の4年の時だった。5人の仲間とマチガ沢から一の倉沢に行った。その壮絶な岸壁とそこに張り付いているクライマーを下から双眼鏡で見て、心底から感動を覚えた。その後一人で何度もそこを訪れるようになった。数えてはいないが10回以上は通っている。私を引きつけたのは岸壁は無論であったが、クライマー達が遥か頭上で宙づりになっている様子や、戦い疲れて出会いの沢沿いに泥まみれになって寝込んでいる姿であった。
 その頃の私は八方塞がりで悩み多い時期であった。会社を退職し何もかも投げ出したい衝動に駆られていた。そんな時にこの岸壁に無性に行きたくなった。ある5月の土曜日にも突然思い立って、関越を北に向かい車を走らせた。やがて青空に光る真っ白な連邦を見て思わず涙を抑えきれなかった。そしてあの一の倉沢の岸壁を見上げていると、ちっぽけな自分がしみじみと体感できて、なぜかいつも救われる思いがした。
 その頃中公新書「谷川岳」瓜生卓造著を読んで、その谷川岳の遭難の歴史を詳しく知った。大都会東京から数時間の近さで、しかもその岸壁の急峻さは日本有数であって、しかも国境の山故に天候の変動が激しい。谷川岳の遭難者は600人近くで、一つの山での遭難者は世界一であった。その登山と遭難の歴史がこの本は詳細に記されていた。そこに一の倉沢の岸壁の詳細図があり、それを私は何度も見て記憶して、そして双眼鏡を購入して一の倉沢の出会いに通った。滝沢、衝立岩、コップ状岸壁もすぐに見分けられた。衝立岩基部まで登った事もある。そこから岸壁を見上げると頭の上に被いかぶさるようで、その凄まじい圧迫感に耐えられずに早々に降りてしまった。
 その私が想像するしかなかった衝立岩のロッククライミングを図らずも「クライマーズ・ハイ」の映像は見事に疑似体験させてくれた。そしてあの頃の多くの悩みが胸に溢れ出てきて、数十年ぶりの涙がこみ上げてきた。
 谷川岳の絵は何度も描いたが、良い絵は一枚も描けていない。やむなく甲斐駒ケ岳を冒頭に掲げた。




このページのトップへ

No.164 長い不在

三崎漁港のトロール船「三崎漁港のトロール船」 水彩 P15


 長い間、このブログを書かなかった。何ヶ月の不在であったか?ようやく筆を取る気になった。この間インターネットで情報を探し、多くの本を読んだ。その結果どうしようもない無力感に捕われながら、この間を過ごしていた。その合間に本職の絵を描き、生徒の展覧会をやった。前にも書いたが、それが東北大震災以来の私の主客逆転した生活パターンになっている。
 日本は明治維新で英国ロスチャイルドの属国になり、密かに操られて繰り返し悲惨な戦争をさせられた。周辺諸国を破壊し、多くの罪のない人々を殺した。一方日本も113都市を空襲で破壊され、長崎、広島に原爆を投下され300万人もの犠牲者を出した。敗戦後は日本の主人はアメリカの金融ユダヤに取って代わり、妾国家として屈辱的な扱いを受け続けている。
 やりきれないのは、明治以降は万世一系の天皇制、敗戦後は民主的な独立国家の美名の下に、その実態が150年間も見事に隠蔽され騙され続けてきたことだ。それを福島原発事故以後に私は理解したが、更にこの数ヶ月に読んだ本で、それ以上に酷い状態であることを知り、言葉を失ってしまった。私のある先輩は「絶望的だよ」と数年前に私に語ったことがあったが、それが真実納得できた。空しく無力感に捕われている。
最近読んだ主な本は以下である。興味ある人は是非読んでみてほしい。現在の日本という国の実態が判る。

・「日本はなぜ、基地と原発を止められないのか」矢部宏治著
・「天皇のロザリオ」(上),(下)鬼塚英昭著
・「反日の真実」鬼塚英昭著
・「日本の本当の黒幕」鬼塚英昭著
・「日本のいちばん醜い日」鬼塚英昭著
・「貧困大国アメリカ」堤未果著
・「税金は金持ちから取れ」武田知宏著
・「卑弥呼の正体」山形明郷著
・「真のユダヤ史」ユースタス・マリーン著
・「英米の永久戦犯」(上),(下)ベンジャミン・フルフォード著

 特に今現在の日本の実情を知るための一冊を上げれば、矢部宏治著「日本はなぜ、基地と原発を止められないのか」だろう。納得できない多くの事が見事に理解できる。
私が驚いた例を幾つか挙げよう。
・日本政府は入国しているアメリカ人を、全く把握していない。
 基地へ来るアメリカ人は、入国手続きは不要で、そこから基地外に出て日本中を自由に歩き回っているという。帰路は又基地に戻って帰る。どういう人が何の目的で何人来ているのか全く知らないという。むろん、何を運び込んでもフリーである。
・日米合同委員会は実質的に日本の政治の上に君臨している。その下に分野ごとに20の分科会があり、常時活動して細部にわたり行政に指示しているという。いわば裏行政府があるという。
・日米原子力協定で原子力施設内の全てをアメリカが規制している。日本政府が自由にできることは、電力料金の決定だけだという。その協定は原子力施設がなくなっても継続することになっているという。

 この驚くべき事実を分かり易く詳細に暴いている。無論その前提は日米安保条約が、日本国憲法より上位にあるという情けない状況からきているのだ。
 そして、アメリカは日本のマスコミを掌握して選挙に影響を与え、日本の政界をコントロールしている。最近はその選挙すら大規模な不正を密かに実行している。その証拠が沢山ある。安倍政権が多数を占めた前回の衆議院選挙はその典型であった。今回の選挙もその不正が又行われるのではないか。このままでは近いうちにアメリカの戦争に加担させられて、悲惨な事態になるのではないかと危惧している。以下を見てほしい。
「不正選挙の実態(1)」
「不正選挙の実態(2)」
「不正選挙の実態(3)」
まずは皆でその実態を知ること。それを多くの人と共有することによって、どうすれば良いかが見えてくると思う。最近は、かなりの多くの人がこれを話題にし始めた。私はそこにわずかな希望を託している。



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する