脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

No.163 傀儡国家日本

日本の支配構造



 東日本大震災と原発事故を契機として、日本の近代史の学び直しに熱中した。謎だらけの道なき鬱蒼たるジャングルを彷徨い歩いて、漸く少し展望が開けて来た。私を取り巻く現実世界が、それまでと全く違う姿になって見えて来た。驚きの連続であった。
  私は恥ずかしい程に無知であった。歴史は勝利した支配者が都合よく改竄するものと知りながら、巷間に流布する近代史を無批判に受け入れていた。愚かであった。インターネットを利用して尋ね、先人達の血のにじむ努力の結晶である書籍を読んだ。
 明治以降の日本国の支配構造が、おぼろげに浮かび上がって来た。正に傀儡国家であった。これが理解できていないと、多くの矛盾した歴史的事件は全く説明がつかない。それを冒頭に図解してみた。その結果どうすると問われても、ただ戸惑うばかりである。しかし死ぬ前にわずかに展望の利く地点にたどり着けたのは本当に幸せであったと思う。
 安倍政権は金融マフィアの優等生で、日本を戦争に向かって強引に押し進めている。これを止めなければ悲惨な未来が待っている。日中対立は金融マフィアの策謀である。日本と中国の双方を刺激し、対立を煽っている。これに決して騙されてはいけない。
 日本のマスコミはコントロールされていて、洗脳機関に堕している。その罪は重く、万死に値する。





スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。