脇昌彦の水彩絵日記

折々に思い感じたことを記した絵日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

No.231 皇女和宮の位牌

多福寺山門
「多福寺山門」 水彩 F6



 加治将一著「幕末 戦慄の絆」に皇女和宮にまつわる秘密が解き明かされている。
その謎解きの発端は、彼女が明治十年に箱根湯本の環翆楼で亡くなった時に、近くの山奥の阿弥陀寺で仮通夜密葬を行った時に作られた位牌であった。
 そこに書かれている戒名は「静寛院殿二品親王好誉和順貞恭大姉」だったという。この戒名がおかしいというのが発端になっている。その中の静寛院殿も、親王も男に用いるものだ。最後は大姉だからこれは正しい。この戒名から皇女和宮の死にまつわる手に汗を握る謎解きが始まる。
 これは加治将一ファンの私の一押しの推理小説である。ぜひ読んでみていただきたい。驚きの結末が待っている。

 友人二人で歴史研究会をやっている。六月の研究テーマはこの皇女和宮の謎だった。箱根湯本で一泊してで阿弥陀寺を訪れて、この位牌を見るのが目的だった。
 湯元から、車では登れないかと思うほどの細くて急峻な山道を登る。エンジンが唸り急カーブで後ろに転がるのではないかと心配になるほどの道だった。ようやく着いた狭い砂利の駐車場に車を止めて、そこからまた急坂を登ると、目の前に小さな古びた山寺が見えてきた。周囲は山また山の深い森に囲まれていた。
 本堂の中に入れてもらって和宮の仏前に焼香をしてお参りをした。そこで住職の薩摩琵琶演奏で和宮の悲しい歌を聞かせていただいた。薩摩琵琶を聞くのは何十年ぶりだろう。
残念な事に位牌は下の位牌安置所に仕舞われていて、見ることができなかった。

 しかし皇女で将軍正室の和宮が何でこんなに人里離れた山奥の寂しい寺で、仮通夜と密葬をすることになったのか?
そして死後一週間も遺体がここに留め置かれたのか?しかも九月二日の残暑の厳しい頃だ。
住職に聞くと、
「葬儀が神式か仏式かでまとまらなかったのが原因で、毎日富士の高嶺から雪を運んで腐敗を防いでいた」
という。しかしこれは加治将一ならずともおかしいと思う。

この先、興味ある方は是非加治将一著「幕末 旋律の絆」を是非お読みください。手に汗を握る面白さです。





スポンサーサイト
このページのトップへ

No.230 上州立岩

上州立岩
「上州立岩」 水彩 P15



 上州の下仁田付近は随分とスケッチに来ている。その直ぐ北側には独特の岩峰で知られる妙義山があり、多くの絵描きを惹きつけてやまない。私も初期にここを訪れ、その後季節が変わるたびに数知れずスケッチに通った。後半はスケッチ会の会員を案内して来た。ここから佐久に向かう下仁田街道も何度も描きに来た。取り残された旧道は静かで周囲の独特の山並みが美しい。最奥のトンネルの手前を旧道に入って、そこからから見上げるように聳える荒船山の岸壁も描いたことがある。
 つい最近、私が所属していた新世紀美術協会の委員をしている富永さんが描いた「上州立岩」の魅力的な絵を見せてもらった。描いた場所を聞くとこの絵の場所を教えてくれた。
 私はこの辺りに何十年と通って来ていたが、迂闊にもここは全く知らなかった。荒船山の真南に位置する山奥であった。山の眺望が申し分なく前景に民家が散見されて素晴らしい。
 早速先日の4/19日に主催する木曜スケッチ会で日帰りバスのスケッチ会をここで開催した。16人の会員の世話の合間を縫ってこの絵を描いた。

 大昔の話になるが、会社勤めの頃に信州の御代田に出張でよく出かけた。高速道路がなかったので混雑する国道17号線を使わずに、国道254号線を北上して藤岡〜富岡〜下仁田街道を佐久に向かって、途中から北側の山中の鄙びた街道を走った。そこから和美峠を越えて南軽井沢に抜けるコースが定番になっていた。ある時若い同僚の車で出張に出かけた。ようやく下仁田の狭い市街を抜けて、一直線の広い下りの通りに出た。
その相棒曰く
「こういうところはよくスピード違反の取り締まりがあるから、危ないんだよな」
と言いながらアクセルを踏み込んだ。すると正面の向こうに警察官の姿が目に入った。
「あー、本当にやっているよ!」
慌ててブレーキを踏んだが遅かった。
 スピード違反の切符を切られて、その手続きに時間がかかった。結局市街まで戻って公衆電話を探して、出張先に遅れると謝罪の連絡をする羽目になった。
 下仁田街道の忘れられない出来事だった。もちろん携帯電話なんて何もない時代である。




このページのトップへ

No.229 「柳川堀割物語」

新緑の頃
「若葉の頃」 水彩F6


 これまでに見た数ある映画の中から印象深い映画をひとつ挙げると、「柳川堀割物語」になるだろう。この前亡くなられた高畑勲監督の作品。
それを見たのいつ頃だったか、どこで見たのか、なかなか思い出せない。池袋の文芸座で見たのかもしれない。
 
 長い間放置された柳川の堀割はゴミが捨てられ異臭を発しドブ川になっている。その堀割を暗渠にして、道路や駐車場にする計画が立てられる。
 それを知った市役所の職員が、昔のような美しい堀割を取り戻し再生しようと思い立つ。そして自ら堀割のゴミ掃除を始め、次第に周囲住民の協力の輪を広げていく。やがて柳川市も方針を変更して堀割の再生事業を始める。多くの障害を乗り越えて水路の掃除や改修、水門の管理の再開を成し遂げ、やがて昔日の美しい柳川の堀割を取り戻していく。
 こうした経緯を長期にわたり淡々と記録をしたドキュメンタリー作品だった。静かな音楽と美しい柳川の水の風景が忘れられない。
 声高な主張も劇的な筋書きもなく平易な日常生活の記録を通じて、自然の大切さや住民自治の重要さを見事に表現している。静かで美しく、清涼感のある感動的な映画になっている。
 この映画を超える映画を私は知らない。劇場の大画面でもう一度見たいと思う。

 早春の芽吹きの頃の雑木林は美しい。毎年これを描くのだけれど、今年の冬は寒くて春がいっぺんに押し寄せたので、雑事に追われているうちに機会を逸してしまった。
 でも若葉の頃も十分に美しい。それを描きに出かけた。道端に美味しそうなイタドリを見つけて摘んで帰った。








このページのトップへ

No.228 紅白梅

昭和公園の梅
「昭和公園の梅」 水彩F6



 今年の冬は寒かった。今頃ようやく紅梅白梅が咲いて、例年二月中旬には開花する山辛夷もやっと膨らんできた。しかし今年の桜の開花予想は3月26日頃だという。早くなりそうだ。話に聞く北国の春のようになるかもしれない。梅や花桃、レンギョウやソメイヨシノや山桜、菜の花が一斉に咲き出すのだろう。
 先週の火曜日に昭和記念公園に梅を描きに出かけた。暖かい晴れた日だったけれど、風が強かった。
風のない窪地にを探して、その逆光の中に美しい紅白の梅を見つけた。

毎年春になると必ず思う。こんな綺麗な風景をあと何度味わえるかと。

そして毎年この西行の歌を思い出す。

「ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ」

西行は旧暦二月十六日に身罷ったという。釈尊の命日だそうだ。






このページのトップへ

No227 堤防の菜の花

堤防の冬
「堤防の冬」 水彩 F6



 奥武蔵から流れ出た名栗川や高麗川は入間川となって、川越の北を回り込んで荒川に合流する。そのあたりは広々とした平地が広がり、そこにいく筋もの支流や水路が交差している。その多くの堤防は広々として眺めも良く、絵を描き始めた頃からよく通っている。この絵は冬の穏やかな日の枯れ草の中で描いた。

 春はこの堤防の斜面は一面の菜の花に覆われる。風は菜の花の香りでむせ返るようだ。
その花芽を摘んでマヨネーズをつけてサンドイッチで食べたこともある。

 この間、久しぶりに川越に遊びに出かけた。蜂蜜を売っているお土産屋があった。
そこの店主曰く
「自宅の菜の花畑で採れた蜂蜜です。美味しいですよ」
という。試食するとクセがなくて美味しい。
黄色の菜の花に囲まれた自宅の写真が貼ってある。堤防下の見覚えのある光景だった。
 
その美味しい蜂蜜を今日も紅茶やコヒーに入れて飲んだ。菜の花の頃にまた描きに行こうと思う。





このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

脇 昌彦

Author:脇 昌彦
水彩画廊 suisaiga.jpを是非御覧ください。



<br /><BGSOUND SRC="http://blog-imgs-24.fc2.com/s/e/i/seifu/koi.mid" width=80 height=20 autostart=true repeat=true loop=true><br />
※このブログ内の文章及び画像の無断転載を禁止いたします。 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。